シード教育プロジェクト

社員教育の有効性

原石をダイヤモンドに磨き上げるには、しっかりした研磨技術と知識が必要です。


同じように企業人材の育成においても、自社にとって「余人をもって代えがたい」と言えるような有能なビジネスパーソン、すなわち「人財」に育てるためには、正しい研修理論と豊富な指導経験に基づいた「教育・研修システムの構築と実行」が欠かせません。


ここでの誤りは、「有能人財」の喪失だけでなく経営資源の損失にも直結するからです。


シードジャパンでは、これまで培った社員教育・企業人研修のノウハウと実績を基に、
①企業様の組織風土や個性に合わせた「教育研修システムの構築」の提案
②ご依頼企業様に合わせた「個別教育研修」の受託
③階層別、業務別などの「テーマ別集合研修」の実施
④その他、企業内教育・研修に関するご相談 等
を行っています。

実施した主な研修

  1. 個別受託研修
    ①全社員対象コミュニケーション技法習得基礎研修(運輸業)
    ②中途採用者個別研修(製造業)
    ③リーダーが備えるべきビジネスマナー習得講習(サービス業)
    ④若手社員ビジネス基礎・継続研修(サービス業) 等
  2. 集合研修
    ①厚生労働省基金による「職業訓練基礎演習」
    ②新卒・新入社員研修
    ③中途入社就業前・就業直後研修
    ④新入社員フォローアップ研修
    ⑤コミュニケーション技法習得研修
    ⑥OJT指導者養成研修  等