中途採用者向け研修《2017年5月》のご案内

近年、労働市場が流動化する中、従業員の採用は新卒者重視から即戦力としての
経験者の中途採用に注目が集まっているようです。

経験者の採用は能力や職務経歴、資格といったことに対する十分な評価を行った上で
採用の可否の判断ができるものと思われます。
それでも、現実として今日の厳しい経営環境の中では、即戦力としての配属が速やかに
できず、新たな組織に溶け込むことができないでいることを耳にすることも多くあります。

こうした状況を含め、当社では長年にわたって培った人材派遣と人材育成のノウハウや
ビジネス教育の実績を基に、「事前の知識と心構え」を中心とした「中途採用社員研修」
を開催いたします。

【対象者】

◯ 中途採用が内定・決定した入社予定者
◯ 最近採用した社員
◯ この種の研修を受けさせたい既存社員 ほか

【開講要領】

開催月日:平成29年5月11日(木)、5月12日(金)の2日間

講義時間:午前9時~午後4時   *研修時間合計12時間

受講料:34,000円(消費税別)/1名 <テキスト代含む>

会場:シードジャパン株式会社 講義室( 住所:上田市長瀬3607 )

お申込み締切:平成29年5月1日(月) *但し、定員10名になり次第締め切らせていただきます。

お問い合わせ先・お申し込み先:
  シードジャパン株式会社 教育事業部研修係
  電話 (0268)41-1224  FAX (0268)43-1126 【中途採用者研修お申込書ダウンロード

【研修講師】 橋詰徹夫 (産業教育研究所 研究顧問)



【コースの狙い】

1.「転職」の正しい意味を理解する

2.プロの職業人としての、また新参加者としてのコミュニケーションのあり方を確認する

3.「人間関係」の重要性を再確認するとともに、信頼感が得られる「対人関係」の築き方、
およびコミュニケーションの本質について、熟考する

4.「職歴(ビジネスキャリア)の棚卸し」と「過去の振り返り」を行って、
これからのキャリアビジョンと自身の人生設計を見つめ直す

5.職業経歴・職務経歴を清算する(いわゆる「経歴のバリ取り」を行う)

6.「教養」の意味を確認し、自己啓発、自己研鑽の必要性を理解する

7.新しい世界へ参入する覚悟を決める

8.新たな出発にあたっての決意を明確にし、関係者や周りの人びとに表明する



【受講者の声(4日間コース)】
職場におけるコミュニケーションは最大の課題であり最難題であると考えています。研修を終え、その考えは変わりませんが、心構えは大きく変わりました。

まず研修で紹介していただいた方法は、今まで実践してきながら自信が持てていなかったことがわかりました。それは経験から学んで行動としては同じことをしていたものの、裏付け・根拠が弱かった、もしくは無かった為に自信が持てず、上手くいかない時には対処する術が無かったのだ、ということを知りました。また、逆に理論はわかっていても解釈の仕方、具体的方法がわからず正しく行えていなかったということもありました。例えば、「褒める」ということ。良いことは分かりますし、「褒め」の積み重ねで伸びることは理解できても、具体的に、「いつ・どこで・どういうことを」をポイントを外さずに褒める方法がズレていたこともわかりました。

研修を受ける前は、前職で上手く行かなかったこと=コミュニケーションの失敗を克服できるだろうか、繰り返してしまうかもしれない…と不安で仕方なかったのですが、この4日間で、上記の2点の確認ができ、またこの時期が「トランジット」であると自覚・認識できたことで、座右の銘「Now is the Begining!」精神を取り戻すことができました。未知なる世界ではあっても今から、ここから始めればいいという心構えができたことをとても嬉しく思っています。




4日間の内、3日間参加させていただき、今後の仕事だけでなく人生全体について考える時間でした。1日目参加できなく残念に思います。ビジネスマナー、敬語…全てが曖昧なまま使っていたと恥ずかしくなります。年齢だけがただ大人になっていただけで、中身がついてきていない現状に気づけました。この機会をスタートとし、1つ1つ勉強をして、年と見合った大人になれるよう自分を磨いていきます。何年後、何十年後になるかはわかりませんが、橋詰講師に気持よくお話を聞いていただけることを目標に努力致します。そのためにも聞き上手になれるよう毎日が訓練と思い、過ごしてまいります。