平成27年労働者派遣法の改正について

派遣労働という働き方、及びその利用は、臨時的・一時的なものであることを原則とするという考え方のもと、常用代替を防止するとともに、派遣労働者のより一層の雇用の安定、キャリアアップを図るため、 労働者派遣法が改正されました。(平成27年9月30日施工)

改正派遣法の概要は以下の通りです。

 1. 派遣労働者と派遣先社員の均衡待遇の推進
 2. 期間制限のルール変更
 3. 派遣可能期間延長の意見聴取手続き
 4. 派遣労働者のキャリアアップ支援
 5. 労働契約申込みみなし制度の施工


詳細は 厚生労働省のホームページ にてご確認ください。