人財育成 一覧

【レポート】第12回SKOP異業種交流会

2014年8月22日(金) 第12回SKOP異業種交流会

失敗しない「人材の育成」について考える!



いつまでもここにはいられない!
長野大学 河野先生より、上期の最終講義と題して、5/22(木)よりスタートした勉強会を振り返りながら、お話しをして頂きました。
どのように各回の学びが行われ、そして最終的に何を伝えたかったのか。
特に今期は、新しいビジネスモデルを考える際に必要となる『人財』について明確にし、
どのようにして採用・育成をするかの議論を中心に考えました。
モチベーション1.0力、らモチベーション3.0へ。
これまでと同じ発想のままでは創造性のある人材は育たない。
それでは新しいビジネスモデルを生み出すことは難しい。
上期に参加された経営者の方々はそんな中でも、自社における課題を見つけ出し、それを克服するための方法を構想してきました。
既存のビジネスのどこを修正すべきなのか。
その構想を実現するためには具体的にどうすればいいのか。
少ない時間の中でそれを苦戦しながらも学んできました。

[報告1] BMCを活用した現状分析と5年後の事業展開
報告者: 湯原 正行 氏(社会福祉法人しあわせクロスロードあおき)


現状のビジネスモデルを分析した上で、事業展開を考えるために3つの要素【制度・人材(確保と育成)サービスの向上】の説明をしていただきました。
特に福祉人材の確保についての現状の情勢解説の後、そこから2年後のビジネスモデル、5年後のビジネスモデルへの変化と報告は進みました。
5年後のビジネスモデルについては、事業拡大と専門性を高め事業分離をすることによって発生する新たな2つのモデルについて具体的に分かりやすく発表して頂きました。

[報告2] 地域の課題から見えてきた新たなビシネスモデルについて
報告者: 久保田 哲男 氏(有限会社創建)


リフォーム業界の現状課題の3点(介護福祉・耐震・中古住宅)について解説をいただいた後、ポイントを地域の中での住宅空き家率の上昇について絞ります。
犯罪率の増加にもつながるこの問題を解決する構想の報告が行われました。ウーファーという「食事・宿泊場所」と「力」を交換するしくみを取り入れるというユニークな発想で人材育成しながら自社職人を増やすプランと周囲との連携を作りながら人的資源を外部に求める商社的なプランの2つを発表して頂きました。

上期総括と「実現に必藝票となる現場力」について』
自社の既存事業を分析してそこから見えてくる課題を抽出し、そこから「3年から5年後のビジネスモデルを描く」、言葉にすればこれだけの事ですが実際にはどうでしょう。
課題を解決するにはヒト・モノ・カネの全てが足りないケースもあるでしよう。
あるいは、その中の一つが足りない事もあるでしょう。
これをたった一人で考え、解決する事は並大抵のことではありまぜん。
今回の勉強会では、自分と違う発想の人から意見をもらうことで新しい気付きに繋がる、モヤモヤとはっぎりしなかった構想が明確になる事が出来たのではないかと思います。
そんな中から生まれた発想を絵に描いた餅で終わらせないために、今後は社内で誰がこれを実施するのかが大切になってきます。
どんな優れたビジネスモデルでもそれを行う実行メンバーが必要となります。
青写真から建造物へ机上力、ら現場へ。

9月から始まる下期の勉強会では、常に現場を振り返り、現場の声を活かし、持ち帰って使える学びの場にしたいと思います。

第12回SKOP異業種交流会開催のご案内

失敗しない「人材の育成」について考える勉強会

上期報告会 2014年8月22日(金) 開催

1800293_770546826291805_7037559669892963892_n

経済の流れが、大きな変化を始めています。
景気回復が進んでいる一方で、深刻な人手不足・後継者不在など
企業を取り巻く環境は楽観と悲観を併せ持って複雑に動いています。

そんな環境の中、「何かを始めるのは怖いことではない。怖いのは何も始めないことだ。」
このような先人の言葉にもあるように、変化を恐れず挑戦し続ける事が重要と考え、
5月22日より、「ビジネスモデルキャンバス」を学んできました。
今期は、特に企業活動において重要である「人的資源」に焦点を絞り、
新しいビジネスモデルを考える際に必要となる『人財』をどのようにして採用するのか、
育てるのかを議論しました。

そして今回の報告会では、代表者による新規のビジネスモデルキャンバスの発表と、
これまでの勉強会の総括、及び見えてきた課題を報告させて頂きます。
ぜひ、新しい事業計画の発想力と、そこで求められる人財の育成方法を学ぶ事により、
自社の事業構想の参考にしていただけたら幸いです。
変化への対応(変態)に挑戦する志を抱いた皆様のご参加をお待ちしております。



1部 報告会(15:00~18:00)
会場:ささや(上田市中央2-15-12)

① 上期最終講義
「いつまでもここにはいられない」
創造的人材と、これを育成する働きかけ
講師:長野大学 河野 良治 准教授

② 5年後のビジネスモデル構想発表
  発表予定者 3名

③ 河野先生より発表の講評・総括

④ 上期総括と下期人財育成プロジェクトのお知らせ

2部 懇親会(18:15~20:00)
会費:5,000円
会場:ささや
懇親会は酒席となりますので、お車の運転をしませんようご配慮願います。

申込方法:申込書をダウンロードし、FAXもしくはメールにてお申込ください。
お問い合わせはスコップ事務局山中まで。 

第12回SKOP異業種交流会案内状ダウンロード

シードジャパン株式会社
〒386-0407 長野県上田市長瀬3607
TEL:0268-41-1224 FAX:0268-43-1126 

Mail:info@seed-japan.jp

【2014 SKOP上期勉強会】第2回レポート

「モチベーション3.0」

「創造性の高い人材に向けて」
「新たなビジネスモデルキャンバスを支える資源としての人材とは?」

これらをメインテーマとして、2014年6月19日、第2回の勉強会がスタートしました。

生理的要因が人間の行動を決める=モチベーション1.0
望む行動にはアメと不適切な行動にはムチを与える=モチベーション2.0
しかし、これらの手法ではこれからの経営は難しくなっていくため、
モチベーション3.0の考え方が必要になるという講義をして頂きました。

具体的には「自立性:自分の力」「自己成長:自己管理」「大きな目標:個人を超えたつながり・意味」
の3要素が必要になるというものです。
これまでのアメとムチの考え方では創造性を殺してしまう。
それではこれからの競争に生き残るのは難しくなっていくという講義を受けてのグループワークでは、
事前課題として準備をお願いしておりました、
『自社において、人材の採用をする場合・育成をする場合、どのような方針で行われているかを整理して下さい。』という内容の報告を行いました。
各社の具体的な事例が数多く出された事もあり、大変刺激を受けている様子でした。

また新入社員採用後の教育の方法や経営者としての叱り方の工夫など、
まさに、現場での積み重ねの体験をしてきた方々の言葉は、◯◯の本を読むよりも参考になるものでした。

次回はいよいよ自分たちの5年後をイメージしたビジネスモデルキャンバスの作成をスタート致します。
新規事業の楽しみと生みの苦しみの体験が始まります!

【2014 SKOP上期勉強会】第1回レポート


2014年5月22日 SKOP異業種交流会がスタート。
今年度は、「失敗しない『人材育成』について考える!」をテーマに
新しい事業計画の構想と、そこで求められる人材の育成法について学びます。

緊張と期待の中開催された第1回は、昨年まで1年間に渡り学んできた
「ビジネスモデルキャンバス」の基礎を深めるところからスタート。
さらに、自社のビジネスモデルを見つめ直し、改めて一枚のシートに表現する作業を実施。
その内容をグループ内で説明する事により情報共有する。
このような流れで勉強会は進み、次回以降は具体的に人的資源の重要性を議論し、
人はなぜ仕事をするの?創造性はどのようにつくり上げるのか?など
新たなビジネスモデルを作るときの人的な課題まで掘り下げる予定です。

失敗しない「人材の育成」について考える勉強会

- 新しい事業計画の構想と、そこで求められる人材の育成方法を学ぶ -

2014年 SKOP始動!
今年度は、人的資源の重要性に焦点を合わせ、考える勉強会を企画しています。
昨年一年間、「ビジネスモデルキャンバス」「ビジネスモデルユー」を学んできました。
これまで学んできたビジネスモデルキャンバスの手法をツールとして、
今期も長野大学河野良治准教授をお招きし更に内容を掘り下げます。
具体的に柱となる内容は次のようなものです。

【人的資源 HumanResources】
BMC◯ 自社の既存事業を分析し、今後必要となる人材・教育システム・適正配置を考える。
◯ 時間を軸として自社の事業を分析し、3年~5年後の事業モデルを具体的に描く。その際に、どのような人員構成で、どのような『人財』が必要となるのかを明らかにする。
◯ これらの『人財』をどのようにして育てるのか確保するのかを議論する。
◯ 具体的にその仕組み・方法などを考える段階まで進める。

「何かを始めるのは怖いことではない。怖いのは何も始めないことだ。」
このような先人の言葉にもあるように変化を恐れず挑戦し続ける事。
【変態】に挑戦する皆様のご参加をお待ちしております。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

[上期テーマ]経営者層向け「わが社が必要とする社員とは」

スケジュール:
第1回 5月22日(木) 18:30~21:00 / 会場 HanaLab.
第2回 6月19日(木) 18:30~21:00 / 会場 HanaLab.
第3回 7月17日(木) 18:30~21:00 / 会場 HanaLab.
第4回 8月22日(金) 15:00~21:00 / 会場 ささや

会費:スポット参加 1回4,000円 / 通し参加(全4回) 12,000円 ※別途懇親会費
申込締切:2014年5月9日(金)
     申込用紙をダウンロードの上、FAXまたはメールにてお申込みください

     【SKOP異業種交流会ご案内 / 申込用紙ダウンロード
     FAX:0268-43-1126  E-mail:info@seed-japan.jp

下期は、上期の内容を踏まえ「わが社にとって必要な人材育成の仕組みとは」をテーマに
管理職・一般社員向けの勉強会(全6回)を予定しております。
詳細は『SKOP異業種交流会ご案内』裏面を御覧ください。

月別アーカイブ