Iターン・Uターン経験者インタビュー 一覧

上田市(長野県) Iターン就職 ジモワーカー Vol.9

『Iターン・Uターン就職or転職』などで上田市に住み働いている「ジモワーカー」に、田舎の就職活動苦労話・上田市の魅力などを教えていただきました!


  名前 : O・Mさん(男性)
  年齢 : 42歳
  出身地 : 上田市
  現在の仕事 : 行政職員
  Iターン暦 : 23年(大阪 → 上田)



これまでの経歴
出身は大阪です。高校を卒業後、信州大学繊維学部に入学。
1年生は松本、2年生で上田に来ました。
マスター(修士)で2年、ドクター(博士)1年生の時に上田市役所に採用になって、市役所に通いながら3年は大学に通っていました。
上田市役所に13年勤務して今に至っています。

今の仕事についたキッカケ
わたしが市役所を受けたキッカケは、偶然うちで「広報うえだ」を見ていたら、当時の市長が、
第3次総合計画で学術研究都市を目指しているという記事を読んで、上田市で面白そうなことをやっているなと興味を持ち応募しました。
その担当を任されて、ARECを建てる申請書作りから、ほぼすべての雑務をやりました。
この計画に携わったこともあり、今はARECの仕事をしています。

- 大阪に帰るという選択肢は?

大学を出たときはまったく帰ろうとは考えていませんでしたね。
どこで働いてもいいかなと思っていたので。
最近になって、ちょっと母親が心配だなという気はします。
Uターンで戻ってきている人たちは、そういう感覚で戻って来られる人が多いんじゃないですか。
親のことがだんだん気になりだす。

上田市で仕事をしていく上で支えになったこと
企業の経営者の方には非常に支えてもらっていますよね。
仕事上でお付き合いが出来た方たちには、いい言葉も頂きますし、考え方も成長させてもらっています。
父親みたいな年頃の人たちにお会いする機会も多いのですが、
わたしは中3の時に父親を亡くしているので、そういう人たちといっぱい出会えるというのは非常にありがたいし嬉しいことです。

上田市の良いところ
何はともあれ、東京に近いというところ!
特にUターンで戻ってくる人たちは東京からの距離感をすごく気にすると思うんですよね。
近さを肌身で感じて欲しいですよね。
現在、結局情報は、東京を介して全国に広がっていく。
先駆的なことは東京でしかできないと思っている人たちも、上田でもできるということを感じてほしいですね。
上田で何か仕掛けることが出来たら、広がりのスピードはものすごく早いと思いますよ。
ARECがここまで有名になったのも東京に近かったからです。
経産省に近い、霞ヶ関に近い、官僚の方たちが見に来られる距離。
なおかつ田舎の雰囲気を残している。
そこがいいんですよね。

最後にひとこと
HanaLab.(ハナラボ)の関係で、今若い人たちが上田に戻りつつあるじゃないですか。
すでにいろんな人たちが戻って来ていて、街づくりをしている人たちも居る。
楽しい輪ができているから、戻って来てもひとりぼっちかな?と思ったりしないで、、、ぜひHanaLab.へ!

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
☆おまけ☆ おすすめのソウルフード
★鳥友の焼き鳥
★こうやのこってりラーメン
★大学生協のスンドゥブ
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

インタビュー記事はシードジャパン発行「月刊スコップ通信」に掲載されたものです。

上田市(長野県) Uターン転職 ジモワーカー Vol.8

『Iターン・Uターン就職or転職』などで上田市に住み働いている「ジモワーカー」に、田舎の就職活動苦労話・上田市の魅力などを教えていただきました!


  名前 : U・Dさん(男性)
  年齢 : 42歳
  出身地 : 上田市
  現在の仕事 : 新聞販売店 所長
  Uターン暦 : 12年半(上田 → 福岡 → 東京 → 上田)
  就職活動に活用したモノ : 家業を継いだ



これまでの経歴
上田東高校を卒業後、上田技術専門学校(現工科短大)に進学。
卒業後、㈱ミマキエンジニアリングに入社しました。
製造部を3年経験した後、九州の福岡に転勤になり、製品のメンテナンスを担当しました。
福岡に3年、その後は東京に移動になって、商品企画・販売推進・営業を経験10年お世話になり、
30才の時に上田へUターンして来ました。

上田市に帰ったキッカケ
家内も看護師の仕事をしていて、わたしも仕事で帰りが遅かったりと、
なかなか家族と居る時間が持てなかった。
子どもが小学校に上がるまでには上田に戻りたいと思っていたので、いろいろ考えた結果、
家業を継ぐカタチで帰ってきました。
父が東郷堂の営業所をやっていて、幼いころからずっと休みも無い大変な仕事ぶりを見てきて、
自分がやる事は全く考えていなかったのですが、Uターンしてきてからの収入、家族との時間、
自分の為の時間などトータルに考えて上田へ戻る決断しました。
起きる時間は慣れが必要だったけど、仕事自体は楽になって(笑)今までみたいに休みが3日間ないので、
旅行に行かれないという休みの欲求だけですね。

上田市で頑張ろうと思った理由
やっぱり家族、3人の娘が居るからです。自分が一人っ子なので、親の傍に居られるというのも大きいです。
ここ数年は地元の人との関わりが楽しくなってきていて、昔の先輩や友人、子どものPTA関係であったり、
劇的に人との繋がりが広がったのがFacebookだと思います。
そんなカタチで自然と馴染んできました(笑)

上田市の良いところ
まず、大学が4校もあるというのが大きいと思いますが、街の店も飲食店もオシャレなところも多くなってきていると思うし、
外のひとが思っているほど田舎ではなくて、考え方が都会的な人が多いと思います。
もともと、上田で食べ物屋さんをやるのは難しいといわれているけれど、閉店しても新しいお店がすぐ出来る。
袋町の中も、店が空けば、その後誰かが始める。
やっぱりディープ袋町も、上田の大きな魅力のひとつだと思いますよ。
当然ながら、人の良さは最高ですね!
新幹線があるから東京が近い!
都会からの客人を接待するのにとても良い。
軽井沢が近い!温泉が近い!

最後にひとこと
中途半端な都市に行くよりも上田が絶対楽しい!
人、住環境、物価、気候、トータルで最高!ぜひおいで!

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
☆おまけ☆ おすすめのソウルフード
『よし味食堂』 の五目焼きそば(具沢山でこってり)、カツ丼 
『すのはら惣菜店(上田市緑が丘1-26-32)』 のメンチカツ、コロッケ
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

インタビュー記事はシードジャパン発行「月刊スコップ通信」に掲載されたものです。

上田市(長野県) Iターン転職 ジモワーカー Vol.7

『Iターン・Uターン就職or転職』などで上田市に住み働いている「ジモワーカー」に、田舎の就職活動苦労話・上田市の魅力などを教えていただきました!


  名前 : S・Aさん(女性)
  年齢 : 37歳
  出身地 : 大阪府
  現在の仕事 : 飲食店勤務
  Iターン暦 : 15年半(大阪府 → 上田市)
  就職活動に活用したモノ : 人の縁!



これまでの経歴
高校を卒業してからは地元大阪で就職をしました。そして22歳頃上田に引越して来ました。

就職活動
実は、ちゃんと履歴書を書いて面接を受けたことが2回くらいしかなくて。
いろいろ転々とはしているんですけど、大阪時代も含め、人のご縁で繋がってきているので、
就活ってことでは苦労がないんですよね。
受け入れてもらいやすいキャラなのか知らないですが、素性もわからないのに受け入れてくれる…
その方の器が大きいんだと思います。

上田市で頑張ろうと思った理由
やっぱり人ですね。出逢ったばかりなのに受け入れてくれる人たちが居たから、
ホントにそれが支えになりましたね。
とにかく、いろいろなところに顔を出すようにはしていました。人の誘いは断らない!

上田市の良いところ
都会にはない良いところがいっぱいあると思うんですよね。
環境だったり、ご近所付合いだったり、水、空気、野菜が安い!
上田の街自体が、おじいちゃんやおばあちゃんの家に来たみたいな懐かしさや温かさがありますね。
道を歩いていて「あ、どうも!」と何人にも言える、都会じゃありえないことです。
今は、人と人とが繋がれるHanaLab.さんもありますし、いろんなところで繋がれるのが上田のいいところですよね。

最後にひとこと
とりあえず迷ってるんだったら「来ちゃえば!」って思います。
どう動くか、人と接するかは自分次第だけど、場所も人も絶対に受け入れてくれます。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
☆おまけ☆ おすすめのソウルフード
  ・ こぶたやのカツ
  ・ ノンノ(元パパオルソ)
  ・ 韓国屋のキムチ
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

インタビュー記事はシードジャパン発行「月刊スコップ通信」に掲載されたものです。

上田市(長野県) Uターン転職 ジモワーカー Vol.6

『Iターン・Uターン就職or転職』などで上田市に住み働いている「ジモワーカー」に、田舎の就職活動苦労話・上田市の魅力などを教えていただきました!


  名前 : S・Tさん(男性)
  年齢 : 38歳
  出身地 : 長野県上田市
  現在の仕事 : 薬局勤務
  Uターン暦 : 1年半(上田市 → 名古屋 → 上田市)
  就職活動に活用したモノ : 家族の伝手



これまでの経歴
予備校までは上田で大学は東京です。
卒業後は名古屋の会社に就職しました。
大学では鉄が専門だったので、鉄の知識も活かしながら、興味のあったリサイクルや環境の仕事が出来る会社を探しました。
その会社では13年間お世話になり、2012年5月に上田に帰ってきました。

上田市に帰ったキッカケ
小さいころから上田を良くしたいという思いは持っていましたが、
実際に帰ってくるキッカケとなったのは東日本大震災でした。
名古屋の会社でも社会に貢献できているというモチベーションが根底にありましたが、
被災地のボランティアに参加してみて、あの状況の中でもしっかりと前を向いて生きている方々を知り、
自分の人生を悔いなく生きていくためには、名古屋の会社に勤め続けるというよりは、
貢献したかった地元に戻って何かをやり始める時期なのかなと強く感じ、上田に帰ることを決めました。

就職活動
就職氷河期と言われる時代でしたが、名古屋では良きご縁に恵まれ、無事、希望する会社に就職することができました。
上田に帰ろうと決めた時は、家業の薬局の経営を継いでいる兄に相談したところ、
「本気で上田に戻ってくるんだったらいくらでもやってもらいたい仕事はある」と言ってくれたので
安心して帰ってくることができました。

上田市で頑張ろうと思った理由
やっぱり妻の存在が大きいですよね。
「上田に戻ろうと思う」という話をしたときに、「そのときが来たってことだからいいんじゃない」
と言って背中を押してくれました。
なんの不満も言わずに着いて来てくれました。
これは私事になってしまいますが、名古屋時代はなかなか子どもができなかったんですが、
結婚10年目、上田に帰って半年くらいで子どもを授かって、そういうのも含めて本当に帰ってきて良かったなと感じています。
今は本当に幸せです!

上田市の良いところ
上田の魅力っていくらでも出てきますよね。
自然はもちろん、生活環境も良いし、心地よさを感じます。
美味しいお店も多いし、温泉もある。山でも川でも遊べる。
「学ぺる場」が多い!ということ。
勤勉な土地柄というのもあるのでしょうか、そこがとても魅力的だと思いますね。
帰ってきた直後から読書会や HanaLab. のイベントに参加したのですが、
そのご縁で繋がった方々からは、今でも多くのことを学ばせて頂いています。

最後にひとこと
自分が学びたいと思うことを学べる、同じことに興味を持っている人たちと
比較的簡単に繋がれる環境がある、それが上田のいいところ!

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
☆おまけ☆ おすすめのソウルフード

仏蘭西亭のカツ(現こぶたや)
帰省の度に食べたくなったのがココのカツ!

ベンガルのチキンクリーマーカリー
カレーとセットのコールスローサラダが本当に美味しい!
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

インタビュー記事はシードジャパン発行「月刊スコップ通信」に掲載されたものです。

上田市(長野県) Uターン就職 ジモワーカー Vol.5

『Iターン・Uターン就職or転職』などで上田市に住み働いている「ジモワーカー」に、田舎の就職活動苦労話・上田市の魅力などを教えていただきました!


  名前 : T・Yさん(男性)
  年齢 : 38歳
  出身地 : 長野県上田市
  現在の仕事 : 公務員
  Uターン暦 : 14年(上田市 → 東京 → 上田市)
  就職活動に活用したモノ: 公務員試験



これまでの経歴
大学卒業後は就職がまだ決まっていなかったので、1年間、公務員になるために予備校に通いました。
この頃が一番勉強しましたね。勉強って楽しいんだ!と初めて思いました。
自分に甘いので在学中は遊んでしまって(笑)
国家公務員の試験もいくつか受けたし、民間も受けてみようかなと思って3社くらい受けたけどダメでした(笑)

上田市に帰ってきたキッカケ
第一志望だった上田市役所への就職が決まったので帰ってきました。
もともと上田の試験には受かっていたけど、東京にも残りたいなと思っていて…
今考えると、絶対上田でよかったと思いますね。東京に居ても無理だった。
もう上田以外では働こうと思わないですね。

就職活動
就活していたら大変だったでしょうね。
公務員一本に絞って公務員試験の勉強ばかりしていたので、就職活動ってどうやれば受かるのか分からなかったし、公務員は試験を受けて受かれば決まりっていうところが分かりやすくていいぞと思っていました。

上田市で頑張ろうと思った理由
やっぱり上田が好きだからですよね。
生まれて育ったところだし、これから自分が生きていくところだから!
貢献すればするほど良くなっていくし、恩返しもしたいです。

上田市の良いところ
気候がいい!本州で一番雨が少ない!天気がいい!気分がいい!(笑)
災害も少ない、台風もあまり来ない、地震もない、冬は雪が少ない。
日本でどこに住むって上田しかないでしょ!
あと、どこに出るにもアクセスがいいですよね。
東京だと出るまでに時間がかかるけど、上田はすぐ高速に乗れる。
相談できるってことだと、ハナラボやシードジャパンもあるし(よいしょ)、帰ってきても安心!

最後にひとこと
少ない軍勢で徳川を二度も破った真田家の血が息づいている。
そんな上田で「一旗あげてやろう」というチャレンジ精神を!

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
☆おまけ☆ おすすめのソウルフード

1位 日昌亭支店の焼きそば
どんなに辛いことがあっても、ここの焼きそばを食べると忘れられた。
自殺しないで生きてこられたのは焼きそばのおかげかもしれない…というくらい好き!

2位 ラーメン大学の餃子
カラダの半分は餃子で出来ている(笑)

その他は、べンガルのカレー、こぶたやのとんかつ、こうやのラーメン、中村屋の肉かけうどん
他にもまだまだあります!
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

インタビュー記事はシードジャパンが発行している「月刊スコップ通信」に掲載されたものです。