【2014年4月】教育レポート

DSCN0616
年度はじめの恒例行事となった「新卒新入社員研修」が、今年も4月7日から10日、21日から24日の各4日間の2回、13名(10社)の受講者により開催され、例年と同じく、「ピッカピッカの新ビジネスパーソン」が期待と不安と緊張とを胸に、新しい人生行路のスタートをきりました。

この研修は、多分、学校でも家庭でも、また社会生活の中でも教えてもらうことのなかった新しい知識分野や人間関係のあり方などを徹底して学びますから、受講者の姿勢は興味半分、驚き半分といったところだったようです。
とりわけ今年度は、近年のビジネス界で強く求めているコミュニケーション技法、あいさつの真意、対話力や傾聴力など、好ましい対人関係の築き方に狙いを絞った研修になりました。これにより別稿の受講レポートにも記されたように、職業観だけでなく社会生活においても新たな発見があったように見受けられました。皆さんのご活躍に大いに期待したいと思います。

受講者をご派遣いただいた企業さまには、一定期間の就業の後にフォローアップ研修でさらにビジネススキルに磨きをかけることをお勧めしています。
「通り一遍」の機会だけで企業人材の育成は困難と考えるからです。ご検討いただければ幸甚です。
今後とも、当社の研修事業にご支援のほどお願い申しあげます。


主任講師:橋詰徹夫


** 参加者の声 **


講義の中で橋詰講師が「学生はやらなくてもいい、でも社会人は言われたことをやらなくては見捨てられますよ」と力強くおっしゃっていたときに昔の自分を思い出しました。今まで何回かコミュニケーションやビジネスマナーについての研修を受けたことがあります。ですが私はそれらを一切自分のものとして蓄積していませんでした。社会に捨てられる、と感じました。だから、これからはこの研修で教わったものを自主的に行い、元気な新入社員を演じる必要があると思いました。そうすることで習慣が身につき、立派だ、と思われるような社会人に私はなるぞ、と決意しました。(※ 修了レポートより一部抜粋)