上田市(長野県) Uターン転職 ジモワーカー Vol.1

『Iターン・Uターン就職or転職』などで上田市に住み働いている「ジモワーカー」に、田舎の就職活動苦労話・上田市の魅力などを教えていただきました!


 名前 : Y・Y さん(女性)
 年齢 : 37歳
 出身地 : 長野県上田市
 現在の仕事 : 学校事務
 Uターン暦 : 6年(長野県 → 東京都 → 長野県)

 就職活動に活用したツール : 職業訓練のインターンシップ制度



上田市(地元)に帰ろうと決めたキッカケ
いろいろなコトが重なって疲れがピークに…ある時ふっと帰ろうと思いました。
それが30歳過ぎた頃だったと思います。

就職活動
ずっと事務系の仕事をしてきたので、事務の仕事を探すのが大変でした。
戻ってすぐに職業訓練に通ったんですが、インターンも出来て、この会社に行きたいと言うと交渉してくれる制度が当時はあったんですね。
そこでインターンに行った会社で運よく勤められました。
働きたいと思っていた会社だったので「営業だったらいいよ」と言ってもらえて、そういう意味でラッキーだったと思います。

上田市で頑張ろうと思えた理由
前向きな気持ちで帰ってきたわけではなかったので、いつか戻ろうという気持ちがありました。
いざ就職して働く中で、営業という仕事柄、人とコミュニケーションを取ることも多く、
話したり係っているうちに自分も成長できたし、役に立てたと実感できた時に嬉しいと思えた瞬間があった。
後は良い先輩に出会えて、その先輩が私の良さを引き出してくれた。
必要としてくれたし気にかけてくれたんですね。
それが仕事の部分でのキッカケで、後は上田で出来た友だちとキャンプに行ったリバーペキューをしたり、
長野ならではの遊びがすごく楽しくて、自分にとって大事な時間でした。

支えになっているもの
家族や友だちの存在は大きかったですね。
東京じゃなくても、上田でもこんなに楽しいことが出来る!っていうことが支えというか、大事だなと思いました。

上田市の良いところ
自然が豊か!自分はそれに楽しませてもらっているし、四季を感じる事で心も豊かになる。
一番誇れることだと思います。
上田って、自分で何かやろうと思ったら出来ちゃうところだと思うんですよ。
仲間が手伝ってくれたり協力してくれる。自分次第で周りを楽しくしていくことが出来るところだと思っています。

ひとこと
人とコミュニケーションをとることが苦手でしたが、
営業という仕事を通じて人と話しをするのが好きになったし、自分自身すごく成長できたと思います。
『自分には出来ない』と幅を狭めず、何でもチャレンジしてほしいです。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
☆おまけ☆  Y・Yさんおすすめのソウルフード
お茶の喜光堂」の抹茶ソフト&グリーンティー
高校時代から通っている思い出の場所と味です。
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

インタビュー記事はシードジャパンが発行している「月刊スコップ通信」に掲載されたものです。