上田市(長野県) Iターン就職 ジモワーカー Vol.2

『Iターン・Uターン就職or転職』などで上田市に住み働いている「ジモワーカー」に、田舎の就職活動苦労話・上田市の魅力などを教えていただきました!


  名前 : 斎藤 礼 さん(男性)
  年齢 : 23歳
  出身地 : 長野県上田市
  現在の仕事 : 製造業
  Uターン暦 : 1年(東京都 → 長野県上田市)
  就職活動に活用したツール : リクナビ、マイナビ


これまでの経歴
祖父母が長野県にルーツがあったこともあり、両親が古本屋をやりたいと長野県に先行して移住しました。
高校卒業を控えた頃、「もうお前は手がかからなくなったから俺たちは勝手に行くぞ」ということで、
既に大学進学が決まっていたし、ひとりで東京に残りました。
実際、それまで何も知らされていなかったので「え?家ないの?来年から…」みたいな感じでした(爆笑)

就職活動
かなり苦戦しました。まずはリクナビに登録することから始めて、次はマイナビに広げ、
100社くらいエントリーしたと思います。
興味のある会社にエントリーシートを送っては落ちる…という連続でしたね。
最初は東京で就職をしようと考えていたので、東京でずっと就活を続けていて、
震災の影響で就活が一時中断になったとき、地方への就職も考え始めました。
両親も居たので、長野県でも探してみようかなと、始めたのがキッカケでした。

上田市で頑張ろうと思った理由
もとから就職に対してここでなければイヤだ!という思いが強くなかったので、
そこが就職活動に苦戦した理由だと思うんですが、
だから長野に行くというのも一つのステップかなと思っていました。
むしろ、これからどうなるかなというワクワク感の方が強かったですね。

知らない土地で働くことへの不安
給料をちゃんと貰えるかなとか、朝はちゃんと起きられるかなとか、そういう不安はありました(笑)
住むコト、働くコトに関しては不安はありませんでしたね。
大学時代から一人暮らしだったし、何でも一人でやってきたので気にならなかったです。
元々いろんなところに行くのが好きなので楽しみの方が多かったです。

上田市の良いところ
食べ物に関しては、紹介してもらった店は全部美味しいし、食べるには困らないです。
東京までのアクセスもいいし、非常に住みやすいところだと思います。
ひとりで飛びこんで来たので、どんな人に出会えるかのワクワクもあり、
一方では不安もあり、という感じで、ハナラボ(※)という場所があってホントに助かりました。
僕はフットサルをずっとやっているんですが、こういうことをやっているけど何処か知らない?
と聞くと、すぐに、ここに行けばいいとか、参加してみればという場やコミュニティーがたくさんあって、
それを紹介してくれる人も、受け入れてくれる人も居て、入って行きやすい環境が用意されている街だなと思います。

ひとこと
正直、上田にはあまり期待はしていなかった。
でも、こんなにチャンスがあふれていて、いろんなものが用意されている街!
飛び込んだもん勝ち!生かすも殺すも自分次第だと思います。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
☆おまけ☆ おすすめのソウルフード

おおぼし”と“丸源”濃い系ラーメンが好きです!
ガッツリ系だと『草笛』や『ピノキオ』とにかく量が多いのが良い!
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

ハナラボ(HanaLab.)
長野県上田市にあるCoworkingSpace 
これから何か始めようと思っている人、既に動き出している人、更なる目標に向かっている人たちが集まり、
オープンな空間で仕事場をシェアするスペースです。

インタビュー記事はシードジャパンが発行している「月刊スコップ通信」に掲載されたものです。