pixta_44730466_S

【掲載コラム】レールがあるようでレールがない人生

つい先日、成人式の場に立ち会う機会がありました。大半の方が学生です。
在学中まで生まれてから約20年間はレールが引かれレールの上を歩いてきた人生です。それが、卒業と同時にレールがあるようでレールがない世界へ突入しようとしていきます。今までは会社に入社し働き、結婚をして家庭を持ち、そして子宝に恵まれ家を買いそこで人生を営む。いわゆる『普通』とされてきた人生を歩める方はわずかな時代へとなりつつあります。

それは、続きを読む