【掲載コラム】10,000時間を生きること

人材レア

先日、転職相談者とお話をする機会がありました。

この方の考えは、イギリスで第一次産業革命が起きた時、蒸気機関によるオートメーション化で紡績業に従事してきた人達の多くは失業しましたが、重労働なしに繊維を安価に大量生産できるようになり繊維市場の活性化が起き、新たな労働需要がうまれました。

そこで、AIや機械化が進む時代に続きを読む