お知らせ

転職企業先への返事とタイミング。レスの速さがその後を大きく左右する!

某データ調査によると、転職先の企業オファーから問い合わせ後24時間内に何か連絡すると、前向きにお話が進む可能性がなんと6倍以上アップします。
また、さらに驚くのは転職先の企業オファーから問い合わせ後12時間以内に連絡すると、より良い条件で転職が進む可能性が21倍になるというのです。

これは慎重さも大切ですが、時にはレスの速さも非常に重要だと意味しています。

レスの速さがその後を大きく左右するのですが、日本経済ビジネス調査でされた約2,000社を対象に計測した調査結果によると、
転職活動に対する優秀な人材確保に向けて即レスした企業が26%も存在する一方で、24時間以降に返信した企業が24%、応答しなかった企業が23%にも達しています。

24時間以内に返信した企業の平均成約率80%以上となり、レスポンスが速い企業・転職者との関係性が高くなることが多いこととなります。

前節にて転職は慌てずじっくりと掲載しましたが、今回の場合は問い合わせに対し24時間以内になんらかの意思表示をすることがとても重要だということです。

まさに鉄は熱いうちに打て!
人生には直感が重要なこともあります。
時にその直感に身を委ねるもすべてはあなた次第です。

PAGE TOP