ブログ

入ってみてから知る、そういう変化も楽しんで。

沼倉 美郷さん プロフィール
2016年9月 神奈川県から上田市に移住
家族構成:夫・本人・子・義父・義母
就職先:社会福祉法人しあわせ クロスロードあおき
転職の経緯:上田市移住後、ご自身で介護施設に就職。移住後の生活が落ち着いたタイミングで、子育てとご自身の今後のキャリアプランについて弊社と相談の上、障がい者福祉施設「クロスロードあおき」に転職。

移住を考えたきっかけは?

旦那が田舎暮らしに憧れていたことが移住を考えるきっかけでした。私は広島の田舎育ちですが、旦那は都会育ち。「都会の空気が嫌だ、田舎で暮らしたい」と言っていたので、それじゃあ…と移住を考えるようになりました。

上田を選んだ理由は?

旦那が真田幸村が大好きで、幸村の出身が上田ということで選びました。私自身は田舎暮らしに慣れていたこともあり、どこに行っても大丈夫かなという感じでした。

移住を決意した一番の決め手は?

上田市の移住定住推進課の方から連絡があり、家を見に一度上田に来てみたんです。その時に、市の職員の皆さんや、お店の方々にとてもやさしくしていただいて。あたたかい人が多くて、真田幸村の人柄が地域性にも現れているように感じて、それが決め手だったと思います。移住定住推進課の方々には本当にすごくお世話になって、いろいろアドバイスを貰えたので助かりました。

移住で苦労したことは?

神奈川県から長野県への移住ということで、やっぱり遠かった分、家をじっくり選んでいる余裕はなかったですね。急に動いた分バタバタしてしまったかなというところもあります。犬を2匹連れての移住だったので、物件を探すのも更に大変で。
たまたま移住課の方から「ちょうど2匹飼えるところが1軒だけあるよ!」って連絡を貰って見に来たんですが、本当にその家でよかったのかって考える余地はあまりなかったです。今住んでみて、あっちの方が良かったかな~って思うところはあります。
保育園もこっちに来てから探したんですけど、なんとか空きがあって入れたけど、やっぱり中途で入るのは地方もしんどいなと感じました。移住フェアとかでも保育園の情報がもらえたら助かります。

仕事探しはどのように進めましたか?

それまでも介護の仕事をしていたんですが、社会福祉協議会から「上田で移住とは関係なく中途の転職説明会をやってるから来てみないか」と連絡をいただいて、そちらに参加させて頂いただいたり、シードジャパンさんからも情報をもらいながらどんなところがあるかと探したりした感じです。旦那の場合はシードさんがいろいろ良くしてくれて、相談から面接までサポートしてもらい就職が決まりました。ただお義父さんは、仕事を探すのに、自分ひとりで行っちゃって、どういう仕事か分からないまま決めて帰ってくるという感じだったので、こっちには情報が伝わってこなくて、そこはかなり心配でした。

今回こちらのクロスロードあおきさんでお世話になることが決まり、6月から就業スタートしましたが、この職場を選んだ理由はなんですか?

一番の理由は息子の障害のことです。移住するときも息子のことで、市の職員さんや福祉課の方に連携をとっていただきながらサークルを作っていったんですけど、ここの職場は息子の将来のことについても勉強になるし、息子の周りでも、こういうことに困っているという声を聞いていて、子育てと併せてそういう人たちの手助けも出来たら良いなと考えました。それが障がい者福祉に進もうと思ったきっかけです。。

移住をして一番大きな変化は?

おばあちゃんがすごく出かけるようになりました。車が無いし、自転車も乗れないんですが、平気でアリオ(ショッピングモール)まで歩いて行ってます。神奈川県に住んでいたときは、一週間に一回出かけるか出かけないかくらいの感じだったので、それと比べるとすごく大きな変化だし、本人も楽しそう。この前は別所線に1人で乗って温泉の周りを歩いてきたと言ってました。家族でも結構あっちこっち行ったりして、美ヶ原高原とか松本のアルプス公園とか、公園がとても広くて、そういうところに行くとみんなが楽しく遊べるので、出かける機会が増えました。。

ご自身は移住してどんな気持ちですか?

私は良かったなと思います。自然がもともと好きだし、山がすごくキレイに見える土地だなと思ってます。春から冬にかけての山の色合いの変わり方もすごくキレイだし、こんなに空が近い土地というのも珍しいなと思います。山に登ると空も雲も太陽も近い。冬は寒くてこたえますけど、そういうところも含めてすごく楽しく過ごさせてもらってます。

移住を考えている人たちに一言

私は結婚とかでも移住を経験してる人間ですが、やっぱりその土地土地、特色が違います。
そういう部分を楽しんだり、好きになって移住してもらいたいし、入ってみて知ることも多いので、そういう変化も楽しんでもらえるといいなと思います。

《湯原所長 コメント》
障がい者施設で働くことは初めてでも戸惑うことなく、前職の介護施設での経験を生かしながら頑張ってくれています。他のスタッフとも良い関係が出来てきて、スタッフ間のコミュニケーションの場でも積極的に参加して場を盛り上げてくれます。

PAGE TOP