ブログ

楽な⽅へ流されていただけの⾃分には戻りたくない。

研修に参加したきっかけ

30歳を目前にして、自分の生き方を変えたいと思いながらもどうしていいかわからず、ただ焦燥感に襲われていました。そんなときにこの取り組みを知り、今までの経歴や年齢を考えるとこれはとても大きなチャンスであり、最後のチャンスなのではと思ったことがきっかけです。

研修に参加して学んだこと・気づいたこと・変わったこと

研修前は挑戦する前にどうせ無理だろう、どうせ無駄だろう、どうせ駄目だろうという思考回路で生きていました。挑戦しない理由を考えて楽な方へと流され続けて生きてきたと思います。
研修に参加し、自分と向き合う機会を与えられたことでそんな自分を変えたいと強く思いました。今までは漠然と変わりたいなあと思うだけで、でも無理だろうと最初から何もせずにただ諦めていました。
研修では自分を変えることができるのは自分しかいないし、自分をやる気にさせるのも自分しかいないということ。とにかく自分が自分に責任を持ってやっていくしかないんだという、世間では当たり前のことなのかもしれないのですが、私にとっては当たり前ではなかったことを学びました。
実践は難しいのですが、前の自分より今の自分の方が頑張れていると思うので、少しずつでも前に向かっていけたらと思います。

同世代の人たちと学ぶ2ヶ月間の研修制度について

自分の内面のこと、考え方などを大人になってから腹をわって話すことはなかったのでとても新鮮でした。あの空間にいたのは多かれ少なかれ未来をよくしたいと思って参加している人たちだったので、自分にとってとてもいい刺激になったと思います。様々な価値観を持つ人たちと一緒に受けた研修だったからこそ、自分もあそこで頑張れていたんだと思います。

今の仕事への思い、これからの目標

研修修了式のとき、仕事が楽しいという感覚はまだないと言いましたが、今は楽しい!と思ったりすることがあります。しんどいなとか嫌だなとか思うときの方が多いくらいではあるのですが、今までの人生で仕事をしていて楽しいと思うことがなかったので、初めてこの感覚が芽生えたときは驚きとともにとても嬉しかったです。
うまくいかないこと、うまくできないことがたくさんあります。失敗もすごくしています。落ち込むし、つらいと思うときもあります。これからもそういうことがたくさんあると思います。でも以前の楽な方へと流されていただけの自分には戻りたくないし、失敗しながらも何とかやろうともがいている今の自分のことを大切にしていきたいので、めげずにがんばっていきます。

PAGE TOP