【紹介予定派遣】 システムエンジニア “M・Tさん”

丁寧で礼儀正しく、なんと料理も上手なM・Tさんが、
専門分野での経験を活かしながら、ソフト開発の分野でチャレンジを続けています。
いつも元気いっぱいな彼の活躍ぶりをお聴きください。

interview*Yamanaka


山中:スタートしてから5ヶ月が経ちましたが、スタートしたときから何か心境の変化はありましたか?

M・Tさん:正直無いですね。というのも、そもそも前の仕事が私に合っていなかったかなと思って転職を考えたので、今はやりたいことがやれているので充実しています。

 ― そんな中でも、この5ヶ月の間で苦労したことはありますか?

やっぱり仲間意識が高い会社なので、そこに新たに入っていくっていうところで苦労しました。

 ― 逆に言うとみんな仲が良いっていうことなのかな?

そうですね。今はだいぶチームワークが取れて仲良く出来ていると思います。

 ― 逆に嬉しかったことは?

嬉しかったことは、新しいことをやれるので、どんどん自分の知識になっていくっていう充実感があります。悩むこともあるんですけど、悩んだ結果出来たときの達成感がすごくてですね。そのときの充実感がすごく良いです。

 ― 仕事は充実しているっていうことなんだけど、プライベートの方はどう?仕事に没頭しすぎたりしてない?

いや、基本割り切って出来てるかなと思います。

 ― きちんとバランスを取って。料理が得意なんだよね?

そうですね(笑)ただ最近少し残業させていただいてたんで、手抜きはしていましたけど(笑)

 ― 得意料理は何ですか?

う~ん、これといっては無いですけど…普通にハヤシライスを作るくらいですかね。

 ― ハヤシライスはどこから作るの?

普通に市販のカレー粉を買ってきて、味をつけて、ケチャップとかで味を調えて。なので、ハヤシライスのルーを使うんじゃなくて、カレー粉から自分の好みに味付けして作ってます。

 ― それが奥さんにも好評で(笑)

はい(笑)

 ― 5ヶ月ということで転籍までもう残りもわずかになって、今後のことで緊張感や、転籍に向けて自分でどうしていきたいっていう目標もあると思うんだけど、その辺の率直な気持ちを聞かせてください。

1番は採用していただきたいというのが率直な気持ちですね(笑)やはり社内SEなので今後の目標としては、他の方がお休みになっても私を頼ってきてくれて、お話を聞けるように出来たらなと!目標としては思ってます。

 ― 出張で留守番っていうこともあるもんね。

そういうときに、「いないならいいや」っていうカタチにならないようになったら嬉しいなと思います。

 ― 紹介予定派遣の仕組みについてはどう思いますか?

正直にいうと、私的には正社員で早く採用してもらいたいという所があるので、ちょっと試用期間が長いかなっていう気はします。ただ会社側から見ればかなり良い制度だと思いますね。半年間その人の業務と態度と成長具合を見れるので。

 ― なるほど。プレッシャーもあるし大変は大変だよね。ずっと同じ技術畑で来た人にとっては長いかもしれないし。

そうですね。ただ、私は自分が劣っている部分が多いとも思うのでそう思っちゃうのかもしれないんですけど。自信のある方は会社のいろんな部分が見れて良いんじゃないかなと思います(笑)

 ― えらい謙遜してるじゃん(笑)逆に新しい分野にチャレンジする場合だと3ヶ月くらいで判断されちゃうと大変かもしれないね。

 ― ここまでのシードジャパンのサポートについて、良かったことやこうして欲しいという要望があれば聞かせてください。

もともと自分で探さなきゃいけないところを協力して一緒になって探していただけるっていうのはすごく良かったです。自分で前の仕事も辞めないで、新しく仕事を探すのは相当大変だと思うので、そこを手助けしていただける。仕事しながら転職を考えている人の手助けをしてもらえるというのがかなり助かったところですね。


■編集後記■
最初から変わること無く、真面目に毎日の仕事に取り組んでいる姿に、
少しは息抜きも必要だよとこちらが声を掛けたいくらいです。
これからもその姿勢を忘れることなく、技術に磨きを掛けて下さい!