【紹介予定派遣】 営業事務”M・Sさん”

輸入家具を扱う老舗の会社で活躍中のMSさんのインタビューです。

interview*yamazaki


Q1…お疲れさまです。仕事を始めてから約3ヶ月が過ぎましたね。

MSさん…そうですね、あっと言う間でした。

Y…この職種は初めての経験ですよね。

MSさん…事務的な作業は今まで経験した経理にも通じる所がいくつかあるので大丈夫ですけど
イベントとか接客に関してはまだまだだなと思いますね。

Y…接客の難しい所ってどんなと所ですか?

MSさん…難しい所って言うか、一番は、まだ私の商品知識が足りないので、お客様にできる提案が限られるっていう所ですね。

Y…それは商品知識を覚えて経験を重ねるしかないですね(笑)

Q2…遠距離の通勤になりますが慣れましたか? 片道40分くらいでしたっけ?

MSさん…始まるのが9時からなのでそんなに苦ではないです(笑)

Q3…仕事の内容については上司や先輩に教えてもらいながら随分と分かりかけてきた頃ですか?

MSさん…まだ全然です。
仕事の中でお手伝いできる部分とかはありますけど、特殊な輸入っていう分野なので、その辺の知識に関してまだ足りないです。

Y…それを主にMSさんに教えてくださるのは?

MSさん…まだそこまではいってないですね。今は商品の知識や卸のお客様に関しての知識とか、基本的な在庫管理をやりながら覚えている段階で、輸入に関してはまだ先です。

Y…今の主な仕事を教えて下さい。

MSさん…在庫管理、受注管理、輸入関連業務担当の方がお休みの時は、メール返信やメーカー発注業務もします。

Q4…自分の仕事の役割分担は指示されなくても進めることが出来るようにはなりましたか?

MSさん…在庫表があるのでその部分は指示されなくても出来るようになりましたけど、やはり仕事の範囲が広いのですべてではないです。

Q5…海外への商品市場の視察や買い付けのために通訳・翻訳でのデビューはもう経験しましたか?

MSさん…メールの対応は英語での文章になりますし、上司に依頼された文章を英語に翻訳する事はあります。

Y…上司が言いたい事を英語に翻訳する時に、相手に80%で伝えるか120%で伝えるか難しいですよね。

MSさん…そうですね。日本語を100%英語で表現する事は出来ないので、上司に細かく確認しながら、確実に相手に伝わる文章になるように心がけていますし努力しています。

Y…そういう部分で海外に留学した経験が役にたった事はあります?

MSさん…そうですね、かなり役立っています。

Q6…今の仕事は海外での留学経験を活かして仕事がしたい、とのことでしたが希望どおりでしたか?

MSさん…はい、そう思います。

Y…どういう所が一番楽しいですか?

MSさん…あ~…まだ自分が仕事を楽しめるってレベルまでいっていないと思うんです。

Q7…この仕事を選んで良かったと思うことはどんなことでしょうか?

MSさん…ちょっとまだ、初めて経験する仕事なので良かったと思うのは仕事に慣れてから
ですね(-ω-;)働き出してまだ3ヶ月ですし経験不足です(笑)

Q8…今後の自分の仕事を通じてやってみたいこと、もしくは自分のビジョンを教えて下さい。

MSさん…早く会社の戦力になって必要とされる人材になりたいです。私だけにしか出来ない仕事を目指すというよりは、会社がもっと良くなるような、手伝ができる人材になりたいですね。

Y…裏方というか、サポーター的な立場で力強い存在になりたいと言う事ですか?

MSさん…はい、そうです。

Y…偉い!! (笑) これからのビジョンを教えて下さい。

MSさん…もっと輸入関係が増えてきて、そういうのも手伝えるようになって、出張にも同行させてもらえるようになりたいです!


編集後記
明るくはきはきしているMSさん、爽やかにインタビューに応えてくえました。
職場でもMSさんへのお褒めの言葉を頂きとても嬉しく、この仕事(キャリアコ―ディネーター)で本当によかったと思います。