【紹介予定派遣】 営業事務”S・Yさん”

4月から晴れて転籍となったS・Yさんは年頃の3人のお子さんを持つお母さん。
仕事と家事に追われ、楽しくも忙しい毎日を送っているS・Yさんのインタビューをお届けします。

interview*yamazaki


山崎:今回、直接採用として派遣先へ転籍することになりましたが、この紹介予定派遣というシステムについてどう思いますか?

S・Yさん:正社員への可能性があるということで、良いシステムだと思います。

 ― 仕事内容はこれまでにも経験があることでしたが、あまり苦労はありませんでしたか?

はい。昔していた仕事と内容は違うんですけど、自動車関係の仕事を長くやっていたのでその辺でディーラーさんにも知っている方がいたり、同じ自動車を扱っているということで流れも分かりますし、職場の皆さんもとても良い方で働きやすい環境で、自分には合っている仕事だと思います。子どもが三人いるので、家のこともやらなくちゃいけなくて大変ではありますが…。いつも家に帰ると「お帰り」より先に「腹減った」って言われます(笑)

 ― 主婦業と仕事の両立はなかなか大変ですよね。

ホント一日があっという間です。仕事が終わって、家に帰ってすぐ夕食の準備や家事をして、朝も早く起きてお弁当作ってるとすぐに仕事に行く時間になって…その繰り返しで一週間が過ぎる感じで(笑)でも上司もお子さんがいる方で、そういう事情も理解してくれるのでありがたいです。

 ― いい会社ですね。子育てしながら働くS・Yさんにとってはとても良い環境だと思います。

そうですね、子どもたちが自立するまではまだまだお金がかかるので頑張らないと。とにかく育ち盛りなので食費がすごいんですよ。30キロのおコメが20日しか持たなくて。

 ― ホントですか!?

息子はお弁当だけで2合持っていきますから(笑)

 ― (笑) それじゃ食費のためにも頑張らなくちゃいけませんね!転籍してからの目標はありますか?

会社の方からもこれからはもう少し仕事の幅を広げてやって欲しいという風に言われているので、それにそえるように頑張りたいと思います。前任の方がやっていた仕事もこれまではまだ入ってから日が浅いということで免除してもらってたんですけど、これからは徐々にそういうこともやっていかなきゃいけないので。

 ― 子どもさんが大きくなったら、もっともっと仕事で活躍できる場を作っていければいいですね。

はい、このまま健康に気をつけて頑張って働きたいです。

 ― 頑張ってください!ありがとうございました。


■担当者からひと言■
これまでの経験ともマッチした職場で生き生きと働くS・Yさん。
主婦業との両立は大変なことも多く、朝早くから、翌朝の準備を終えて就寝するまで母は忙しい。
それでも「大変だけど子どもが自立するまで頑張らなくちゃ」と話をしている姿は楽しそうでもありました。
これからの更なる活躍を期待しています♪